きょうの料理 レシピ研究ブログ 

きょうの料理のレシピを覚え書き!料理上手なお母さんを目指して勉強中!

NHKきょうの料理は栗原はるみのきのこスープ鍋・れんこん餅レシピ!定番ごはん

      2017/02/12

Sponsord Link

 

2017年2月9日(13日)放送のNHKきょうの料理は、料理研究家の栗原はるみさんが、「きのこスープ鍋」、「れんこん餅」のレシピを紹介してくれました。

「きのこスープ鍋」は、4種類のきのこのせん切り、豚肉、たけのこなどを入れた鍋。優しい味付けでたくさん食べられます。

「れんこん餅」は、白玉粉とすりおろしたれんこんを混ぜて焼きます。モチモチ食感で、きくらげ入りのごま味とねぎ味の2種類を楽しみますよ。

栗原はるみさんの

「おいしくたべよう。素材を生かすレシピ133」

>おいしくたべよう。 [ 栗原はるみ ]

価格:1,645円
(2017/2/9 07:57時点)
感想(48件)


雑誌LEEに連載されていたレシピをまとめたものだそうで、どれも簡単でシンプルに作れるものばかり。レイアウトも見やすいと好評で、栗原はるみさんの人気あるレシピ本の中の一冊です。

 

★きょうの料理はきのこスープ鍋・れんこん餅レシピ!

◉きのこスープ鍋 4人分

IMG_5832

材料

 

豚バラ肉     100g
(しゃぶしゃぶ用)
しいたけ     1パック(150g)
まいたけ     1パック(100g)
しめじ      1パック(100g)
えのきだけ    1袋(100g)
ゆでたけのこ (小)2コ(150g)
絹ごし豆腐     1丁(350g)

A
・スープ      カップ8
(ペースト状スープの素(中国風)
大さじ1を湯カップ8で溶いたもの)
・紹興酒      大さじ3
・しょうゆ     大さじ3〜4
・うす口しょうゆ  大さじ2
・オイスターソース 大さじ2
・ごま油      大さじ1



すだち、ゆずなど
好みの柑橘類  適宜

酢         適宜
七味唐辛子     適宜
花椒        適宜
(ホワジャオ)
ラー油       適宜

 

作り方

 

しいたけは軸を切り、せん切りにします。

☆厚みがあるしいたけの場合、厚さを半分にしてからせん切り!

まいたけは根元を切り、4㎝の長さのせん切りにします。

しめじは根元を切り、縦に2〜4等分に手で裂きます。

えのきだけは根元を切り、4㎝長さに切りほぐします。

IMG_5830

☆具材は細くきりそろえスープを際立てる!

 

たけのこは4〜5㎝長さのせん切りにします。

豆腐は水気をよくきり、4㎝長さの棒状に切ります。

IMG_5831

豚肉は1㎝幅の切ります。

☆きのこ、豚肉、豆腐が柔らかい口当たりなので、歯ごたえのあるたけのこを加える!

 

鍋に Aのスープ(カップ8)を入れて火にかけ、温まったら残りの Aの調味料 を加えます。

☆具から水分が出るので味付けは少し濃いめに!

味をみて塩(少々)を加えて味を調え、煮立ったら豚肉をほぐしながら加えます。

アクが出たら除きます。

☆豚肉→きのこの順に加え、うまみをスープに移す!

 

きのこ類、たけのこ、豆腐を加えて煮て、火が通ったら出来上がりです。

IMG_5832

器に盛りつけ、お好みでくし形に切ったすだちや柚子を絞り、お好みで酢、七味唐辛子、花椒、ラー油を添えていただきます。

具を食べ終えたら、〆(しめ)として春雨(乾)100g(熱湯で数分間ゆでる)を加え汁気がなくなるまで煮込みます。

IMG_5841

 

Sponsord Link



 

◉れんこん餅
(ごま味、ねぎ味ともに3〜4コ分)

IMG_5839

材料

 

ごま味
・れんこん   1節(正味100g)
・白玉粉    100g
・きくらげ(乾)3g
・白ごま    適量

ねぎ味
・れんこん   1節(正味100g)
・白玉粉    100g
・細ねぎ    30g

豆板醤     適量
ラー油     適量


しょうゆ

サラダ油
ごま油

 

作り方

 

きくらげは水につけて戻し、水気をよくきり、堅いところを除いて細切りにします。

れんこんは皮をむき、水にさらして水気をふきとります。

丸く円を描くように、すりおろします。

☆れんこんをすりおろしてもっちり感を出す!

細ねぎは小口切りにします。

 

ボウルに、ごま味用の白玉粉(100g)を入れて、れんこん(100g)を加えてスプーンなどで混ぜます。

IMG_5834

混ざり合わさるのに堅いようなら水(少々)を加え、きくらげと塩(少々)を加えて混ぜ、手で1つにまとめられるくらいの堅さにします。

☆水を足しながら耳たぶほどの固さに!

ねぎ味の材料も同じ様に、細ねぎを加えて混ぜます。

 

それぞれの生地を3〜4等分にして、丸く平たい形に整えます。

IMG_5835

ごま味のほうは、皿にごまを入れて、片面だけを軽く押しつけてまぶします。

IMG_5836

 

フライパンにサラダ油(少々)を熱し、形を整えた生地をを入れて弱火で8〜10分ほど焼き、香ばしい焼き色がつくまで焼きます。

ごま味のほうは、ごまがついている面から焼きます。

裏返してさらに6分ほど焼いたら出来上がりです。

IMG_5838

 

☆最後にお好みでごま油(少々)を回しかけて表面をカリッとさせてもOK!

 そのとき、ごま味のほうは、ごまのついた面を上にすると、より香ばしく仕上がる!

 

ラー油、酢、しょうゆ(各適量)を混ぜたものにつけていただきます。

器に盛りつけ、豆板醤を添えて。

 

★きょうの料理の感想

 

きょうの料理は「きのこスープ鍋」と「れんこん餅」でした。

きのこたっぷりの鍋はうまみがたくさん出ていて美味しそうだし、れんこん餅はモチモチで私が好きそうな食感なんだろうな〜と思いながら見ていました。

どちらも簡単だし、チャレンジしやすいレシピなので、ぜひやってみたいです。

 

ちなみに次男(3才)は「きのこ好き」ですが、長男(7才)は今のところ「きのこ嫌い」。

炊き込みごはんに入れた小さなしいたけもよけちゃうくらい。

長男はよく噛んで食べる方で、きのこのグニャッとした食感が嫌いなんだとか。

そして次男はというと、全然噛んでない!!飲み込んでます・・・(汗)

 

それから私は栗原はるみさんが言っていたよくある「大根もち」を知らなかったので、調べてみました。

「大根もち」はこんな感じ↓

 



 

れんこんは買わないとできないけど、大根ならいただきもので2本もある!

定番らしい「大根もち」も作ってみてもいいかも。

 

ちなみにバレンタインもあとわずか!!

今からでも手づくりチョコが簡単にできるレシピがありますよ!

坂田亜紀子さんの「シリアルチョコバー」のレシピはこちら

2016-01-21 22.41.12

 - きょうの料理, ・きのこ料理, ・野菜おかず料理

Sponsord Link


料理初心者 ブログランキングへ
育児日記 ブログランキングへ